ホーム  > 製本種類一覧  > LBSのMDSシステム(LBS新技術)

LBSのMDSシステム(LBS新技術)

LBSのMDSシステム(LBS新技術)
LBSのMDSシステム(LBS新技術)

• 仕上がりは見開き状態になります。
• 1部からご注文頂けます。
• インクジェットプリンタ等で出力した印刷物は1枚1枚のもので専門用語では「ペラ」といいます。通常、本を製本するには折丁(製本できるように複数の決まったページ数を折りの規則に従って1枚の紙に印刷しその紙を折りたたんだもの)になるように印刷しページが順序だてられています。この折丁を利用して糸綴じするのが書店などで販売する本の製法です。しかし、この印刷は少部数ではできませんし、家庭用のインジェットプリンタでは困難と思われます。また、観音製本の場合は折丁にはしませんが、仕上がりサイズの倍のサイズで出力しなければならないので、これもまたご自身で出力ができない場合も生じるかと思います。 そこで、「ペラ」のものを、強度を保ちつつ、しなやかに見開き状態に仕上げる製法、スプレッド製法を開発いたしました。
• 観音製本のように2つに折るわけではないので、製本時に合わせて出力の位置などを何mmかずらしたりする必要もございません。また折丁にするわけではないので面付け作業も必要ございません。
• ペラもので写真集など見開き状態を重視される方にお勧めです。